360度カメラ「THETA」で見る鎌倉

令和元年 あけましておめでとうございます

令和になった5月1日に、お友達と遊びがてら鎌倉の鶴岡八幡宮へお参りに行ってきました。

我が家は毎年元日に鶴岡八幡宮へお参りに行きます。

今年はちょっとしたトラブルがあり、私は行けなかったので

お参りというか初詣になりました。

すごい人かな・・・と、お昼頃に覚悟して行ったのですが、そうでもありませんでした。

と思いきや。

境内に入り、ふと横を見るとものすごい行列。

でもお参りの場所とは違う所に長蛇の列。

ご朱印帳にご記帳してもらう列でした。噂によると3時間待ちだったとか。

今回はお参りの後に鎌倉散策を予定していたので、

RICOHから発売している360°カメラ「THETA」を持って撮影してきました。

VR事業に携わる以上、こういうものも使いこなせるようになっていかないと…ですね。

今回載せるのは若宮大路です。

ご興味ある方は↓からご覧ください。

https://theta360.com/s/rHkpQn7ga8hvXdfAzNnZmP6Dg

普段観る景色とはまた一味違った画が撮れていると思います。

次回は鎌倉散策第2弾をお伝えしたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コンテンツEXPO

4月の3日~5日まで開催されていた、コンテンツEXPOへ行ってきました。

VRの展示エリアも見応えがあり、とても勉強になりました。

来年開催の頃には、もっと認知度があってメジャーなものになって、

展示スペースも今回以上に広くなってくれることを願っています。

そのためにはコストの部分とか、技術の部分とか、

皆さんが受け入れやすい身近なものにしていくとか、

思い出やPRに妥協は許されないので、

最高のクオリティのものをお手頃価格で提供できたら。

・・・まだまだ課題がたくさんありますね。

だからこそ可能性もあるのだろうなと思っています。

皆様に喜ばれるものづくりを目指します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

鎌倉・長谷寺

 鎌倉にある長谷寺は有名な観光スポットですね。
長谷寺と言えばあじさいで有名です。
両側をあじさいが彩る小路を進むのは幻想的。

 でも長谷寺はあじさいだけではなく、その他にも桜や紅葉など四季折々の顔をもっています。
長谷寺に咲く花の種類は多種で、ほぼ一年中花が咲いているそうですよ。
鎌倉散策の際には是非一度行きたい場所ではないでしょうか。

長谷寺の見どころはほかにもあります。

 お寺では毎日自由に写経・写仏が体験出来るそうです。
<受付時間/9:00~15:00>
※写仏は細部まで丁寧に描くと3時間以上かかるそうですので、
挑戦してみたい方は時間に余裕をもって行くのがお勧めです。

また、境内には観音菩薩の博物館「観音ミュージアム」があります。
大人(高校生以上) 300円
小人(小・中学生) 150円
※拝観料別途
観音様を間近で拝観したら清々しい気分になれそうです。

そのほか長谷寺にある売店「てらやショップ」では、長谷寺のオリジナルグッズを販売しています。
小物やお菓子なども取りそろえているのでお土産にも最適。
<営業時間/10:00〜16:00>

売店やカフェ、ミュージアムなど近年リニューアルされているので、
以前の長谷寺にしか行ったことが無い方は
きれいになった長谷寺へ再度足を運んでみてはいかがでしょうか。

最後までお読み頂きありがとうございました。

GWにおすすめ/小田原城

 小田原城の桜は満開で、

 お城と桜のコントラストがとても綺麗です。

 あっという間に4月に突入しました。

 もうすぐGWですね。

 今年は10連休ということで、既に予定が決まっている方も多いのではないでしょうか。

まだ決まってない方は小田原城周辺などいかがですか?
小田原城は平成28年に改修工事が終わり、城内も城外もとても綺麗になり、見応えも充分です。
天守閣から観る景色も素晴らしいです。

GW後半の5月3日には「小田原北条五代祭り」が開催されます。
小田原城をねり歩く武者行列は間近で見ると圧巻です。

五代祭りに併せて、「小田原城名物市」も開催されるそうですので、
小田原の美味しいものがたくさん堪能できます。

そうそう、美味しいものと言えば、小田原には美味しいお蕎麦屋さんが沢山あります。
中にはお昼で売り切れてしまうほどの人気店も。
おそば好きの方は小田原城周辺のお蕎麦屋さんも要チェックですよ。

また、5月4日と5日は小田原駅周辺の4神社が同時にお祭りを行う「各社例大祭」が開催され、街にお神輿があふれます。

木遣りとともに神輿が走る「小田原流」 は全国でも珍しい担ぎ方だそうですので、一度見てみる価値がありそうですね。

それから、おみやげにおすすめなのが小田原城内や城外のお土産屋さん、茶屋で売っている「城下町もなか」です。
とにかくあんこが美味しくて、親戚へのお土産にしたら大変喜ばれました。
私の中では絶対に買う小田原土産です。

観光地で自分だけのお気に入りを探すのも、楽しみの一つかと思います。

箱根や強羅にも近く観光スポットが沢山あるので、興味のある方は是非一度足を運んでみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

VRを手軽に

VRの専門知識を話されても、何が何だかさっぱり。

もっとわかりやすく、ふわっとした感じで知りたい。

そういう方たちに向けて、記事を作成しております。

知らない人でも入りやすい。

を目指しております。

VR用ゴーグル

VRの観賞にはゴーグルが必要です。
ゴーグルを装着すると、途端に世界観が変わります。

数年前までは小学生は装着できませんでした。
厳しい年齢制限があったのです。

子どもの脳への影響や、斜視になる危険性なども問題になっていました。
当時は子どもが楽しめないものなんて、作る意味あるの?なんて思ってました。

でも現在は、小学生以上のお子様はVR観賞が可能になっています。
(7歳未満のお子様は、現在でも全てのゴーグルの使用が禁止されています)

未来がひらけた!と感じました。

もちろん今でも、長時間の利用はNGですし、ゴーグルの種類によっては
13歳未満のお子様は使用禁止となっているものもあります。

それに実物を手にするとわかるのですが、ゴーグルがとにかく大きくて重い。
小学生以上の子のVR鑑賞が可能になった時に、小学1年生のこどもに装着させてみました。


…顔がゴーグルに埋もれている感じ…。


機械にコードがつながっていることと、本体の重さもあるので
ゲームなどの見渡すコンテンツを楽しんでいるとずり落ちてくるのです。
首への負担も結構あるかも。と少々心配にもなります。

しかもとても高額なもの。
家庭で楽しむなんてまだまだ遠い未来の話かな…と思いました。

でも今は凄い世の中ですね。
どんどん性能が良くて使いやすくて安いものが出てくる時代です。

少し前に「Oculus Go」からとてもシンプルかつ高性能なゴーグルが出ました。
配線も無く、かなりストレスフリー。
しかも価格が2万円台というお安さ。

VRでテレビや映画、ライブ鑑賞など、誰もがご家庭で手軽に楽しめる時代が
すぐそこに来ているなぁと感じています。

これからの思い出のあり方などもどんどん変化すると思うと
VRと人との関係が楽しみになってきました。

最後までお読み頂きありがとうございました。

桜が満開になりそうです。

最近は暖かかったり、急にまた寒くなったり
三寒四温、まさにその通りですね。

各地で場所で開花宣言がされておりますが、
本牧通りの桜並木はまだ三分咲きくらいでしょうか。

でもここから数日で一気に満開になる桜。
毎日ごとに違う表情を見せてくれます。

本牧には「山頂公園」という山の公園があります。
そちらもそろそろ満開の予感。
芝生の広場もあって、お花見には最適な場所だと思います。

ただ駅から遠く、バスか車を使わないと行けないので、
地元の人しか来ないのかも知れません。

お花見スポットの穴場と言う感じですが、
近くにお立ち寄りの際は 是非 、山頂公園に寄り道してみてください。

あたり一面の桜をVRで観るっていうのもステキかも…。
季節の移り変わりをVRにするもの良いかもな…。
私たちもまだまだ、可能性を追求しています。

話はもどりますが、山頂公園の近くにある三溪園は有料ですが、
山頂公園は無料で入れます♪

お読み頂きありがとうございました。

「VRコンシェルジュ」って?

結城屋のホームページをご覧いただきありがとうございます。
VRを使った様々なコンテンツを提供してまいりたいと思っております。

なぜ「VRコンシェルジュ」と命名したかと言いますと、
VRって、 ゲーム以外楽しめないのかと言ったらそうではなくて
実はけっこう手軽に利用できるんです。

自分たちの思い出なんかもヴァーチャル・リアリティで体験できます。

VRカメラと映像を映し出す機械(ゲーム機とか)があれば、
ご家庭でかんたんに楽しむことができるんですよね。

まだまだ世の中に浸透しきっていないVRなので、興味はあるけど何が出来るのか?
とか、こんなことができるんだ!というのを知ってほしくて、
そして些細なことでも、気軽に私たちに聞いてほしくて
「VRコンシェルジュ」と命名しました。

VRをもっと身近に感じていただけたら嬉しく思います。

お読み頂きありがとうございました。