バンダイナムコがVRで増収してるそうで。

ぶっちゃけ、最初は年齢制限あるのに流行るの??

とVRに疑問を投げかけていたころもありました。

だって、以前の年齢制限(12歳以上)だと、全然ファミリー向けじゃない。

でも、そんな不安はどこ吹く風って感じです。

大きいゲームセンターに行くと、その一角にもあるんですよね。

VRで遊べるゲームコーナーが。

VR体感施設だけじゃなくて、もっと気軽なところからも入っていける感じ。

出産してから、なぜか三半規管がめちゃくちゃ弱くなった私は、

ゲーム体験という一歩を未だに踏み出せずにいます(*ノωノ)

あ、でも家ではやったことあります。

主人が営業用に持った来たVRセットを以前体感させてもらいました。

お化け探しゲームと野球。

野球はテレビゲームでおなじみの野球ゲーム (人がリアルじゃない方のやつ)

にそのまま入り込む感じです。

  お化け探しは、とある映画に

  出てきそうなお化けを探して

  捕まえる。

  なかなか楽しいものでした。

娘も試しにやってましたが、当時7歳で年齢制限ギリギリOKだったので、

彼女はヘッドマウントが重そうでした(*‘∀‘)

話は戻りますが、バンダイナムコさんはパックマンとかドラゴンクエストとか

VRで出してるとのこと。

パックマンの世界がどのようにVRになっているんでしょうね。

それと太鼓の達人。

太鼓を盗まれちゃうってほどに人気が再沸騰していますよね。

このゲーム自体はやらないのですが、

太鼓の達人の世界観をVRにするとどう表現されるのか。

かなり気になるところではあります(; ・`д・´)

私が取り扱っているものはVRの中でもゲームではないのですが、

ジャンルは違えどVRというくくりが盛り上がっていることを耳にするのは

とても勇気を貰えることでした。

バンダイナムコさん、頑張ってください。応援しております。

最後までお読みいただきありがとうございました。

VRで匂いを再現??

最近、勉強のために「mogura VR」というサイトの記事を読んでいます。

さらっとですが。

たまにびっくりする記事を見つけます。

今回は「VRで匂いを再現できるデバイス」。

映像と匂いを連動させることでよりリアルを味わえるというものです。

15種の専用カートリッジから、最大5種類選んで装着するそうです。

香水とかラーメンとか、いい香りや空腹時に使用するとお腹がグーグー鳴っちゃいそうなのとか、なんだかすごいです。

あと、「ゾンビの匂い」なんかもあるそうで・・・。

ゾンビの匂い???

嗅ぎたいような、嗅ぎたくないような・・・。

こちらのデバイスは、海外で開催されるフェスティバルにて展示されるそうです。

日本へ上陸もそう遠くないかもしれませんね。

ゾンビの匂いは遠慮したい気がしますが。

でも、ゲームの「バイオハザード」をやるときにゾンビの匂いしたら・・・

ゲームやらなくても、実況動画見ながら匂いがしたら・・・。

どちらもものすごく怖そうです(; ・`д・´)

VRの世界の「バイオハザード」しかも匂い付き。

怖いの好きな方には垂涎モノですね~。

ホラーが苦手は私は、想像しただけでちびってしまいそうですが( ;∀;)

恐ろしい世の中になったものです(笑)

記事に興味のある方はこちらからどうぞ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

アーティストのVR撮影日

本日は長期にわたり、計画を練り、何度もミーティングを重ねてきた

有名アーティストのVRコンテンツ撮影日です。

といっても、私は行きませんが。

当然ながらVR事業のプロフェッショナルである、主人が出向いております。

アーティストの皆様の要望やアイデアを活かしつつ、可能な範囲で実現させるのは、やはりなかなか大変なようです。

VRだからできることもありますが、

VRでもできないこともあるんですね。

とりあえず撮影が無事終了しても、次は編集作業。

ここが大切。

編集でどんどん素敵なものに仕上げていくのです。

でも公開までのタイムリミットもありますので、ゆっくりじっくりというわけにはいきません。

難しい作業です。

今回の撮影に携わるアーティストの皆様や、作業スタッフの皆様、

楽しみに待ってるファンの方々のために頑張ってください。

・・・と、応援しかできないのですが。

今から仕上がりが楽しみです。

3D仕様だと、少ししか観れないのですが(酔うから)

最後までお読みいただきありがとうございました。

VRのこと

先日、友人と久しぶりにお茶をしに行きました。

友人のお子さんは少しだけ障害を抱えています。

友人はその子が生きにくく無いように、ならないように、いろいろと勉強をしています。

子どものために一生懸命に悩んで、迷って、日々模索している彼女はとても素敵です。

友人は障害の勉強のために、大学の研究室が開催しているセミナーに行ったそうです。
そこではVRを通して障害に関わることを説明してくれる時間がありました。

 障害を持っている子の視野、視覚などを、VRを通して、再現して見ることができるとのことでした。

「セミナーで慰め合いをしたいのではなく、子どもを科学的観点からも理解したい」
と思っていた彼女にはぴったりの場所でした。

「とても勉強になり、また少し子どもを理解できたと思う。
いい機会に巡り合えた。参加できて本当に良かった。」
と、言っていました。

目で見る情報は脳にすっと入ってくるので、口で説明するより簡単ですよね。
言葉ではなかなか理解しにくいことをもっともっとVRで表現出来たら、今以上にすごく便利な世の中になるのかもしれませんね。

改めて、「VRって人の役に立つことも沢山できるんだ」と実感し、自分が携わっている分野があらゆる可能性を秘めているなと、嬉しい報告を頂いた日でした。

最後までお読み頂きありがとうございました。

バーチャルマーケット

今年の秋に「バーチャルマーケット3」が開催されます。

バーチャルマーケットとは、3Dアバターや3Dモデルを試着したり購入したりできる、展示即売会だそうです。

試着はともかく、購入する。ってところまで来ているんですね。

「購入」はVRゴーグルを持っていると、コンテンツの配信があるので、ゲームを買ったりできるのです。

我が家にはオキュラスクエストがあるのですが、スターウォーズのコンテンツを購入しました。

会場に行ったら、そんな感じで購入できるのでしょうか?

まだ開催決定という段階でしかないのと、私は「バーチャルマーケット」に行ったことがないので、どういう感じなのか想像がつきません。

とりあえず情報収集のため、アドレス登録だけしておきました。
アドレスを登録しておくと、「バーチャルマーケット」に関する詳細などを送ってくれるらしいです。

ご興味のある方はこちらからアクセスしてみてください。

時間が合えば、会場にも行ってみたいですが・・・
ゴーグル着用しまくって酔わないかが心配なところではあります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

令和初の台風

令和初の台風が上陸?

関東は今のところ少し強い風が吹いている程度ですが、空気が少し湿気を帯びていて、部屋にいると若干過ごしにくい感じです。

360°ゴーグルがもっと進化して普及して、自宅でもテレビを見るのに常用出来るほどになったら、台風の実況などもとてもリアルなものになり、どれだけ恐ろしく危険なものか…などを伝えられるのかなと思います。

そうしたら、荒れた海を見に行って、波にさらわれてしまう人も減るのかな?

安全面も対策や啓発するにはリアルさが大切だと思います。

現在、火災の避難訓練にVRゴーグルを取り入れている学校が有りますよね。
とても素晴らしいことだと思います。

実際に無害の煙を使って訓練している学校も多いと思いますが、
小児喘息を患っている子も多いので、
体に負担なく「いかに煙を吸わないようにして逃げるか」
を教えるには最適なアイテムだと思います。

このリアルな体験が、子どもたちの危機管理能力や自己防衛能力を高めるのではないかと思いますので、
是非、もっとたくさんの子どもたちが体験できるようにと願っています。

私もVRが普及するように頑張らなければですね。

最後に、台風被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。
また、これから台風が近づいてくるところにお住いの皆様は
くれぐれもお気を付け下さいませ。

最後までお読みいただきありがとうございました。